公共工事とは何なのか...2021/03/22 20:44

釧路湿原国立公園連絡協議会のHPを見るとサルボ・サルルン展望台歩道整備工事は、3月上旬までとあるので、もう終わっただろうと先日確認に行ったら通行止めのプレートがなくなっていたので、やっと見に行ってきました。
どんな風に工事したか気になるじゃありませんか。
ついでに汽車も撮りに行ったのは言うまでもありません。

まず、入り口から?マークが満載です。
先に汽車を撮らなければなりませんので、後ほど検証するとこにしてとは思ったものの正規ルートが変わっていますw
こちらのルートは、この辺では希少種のニリンソウが道の真ん中あたりに咲きます。
スズランやマイヅルソウは、道の端に咲くので踏まれることもないとは思うのですが・・・w
なぜ今までの道はダメになったのだろう。
通行禁止になっていましたよw
地区で説明会があったのは知っていたのですが、コロナもあるし参加できなかったんだよね(;^_^A

サルボの階段を横目にサルルンへ。
今までロープだった箇所が木柵に変わっていました。
木柵の足元にスズランが群生していましたwww
しかも掘り返した土を今まであった道に乗せてあるだけなのでぬかるんで滑ります。
サルルン展望台で写真を撮ってから、検証しながら撮影です。
久し振りに古い単焦点のマニュアルレンズを使いました(笑)
自分が動いて撮る写真は楽しいけれど、悲しい検証写真ですw
帰りは、整備された道を歩かずに安全な草地を歩きます。
サルルン展望台からの帰り

観光客は、木柵を見に来るのではないw


この足元にスズランが群生していました(T_T)

荒れた道は、整備せずに放置です。
荒れた道は敢えて整備しないのか?w
私はブーツを履いているので多少の泥沼は大丈夫なのですが、観光客はムリですよw
もともと今の時期は土が緩むのでしょうがないのだけれど、ここは以前から荒れた道です。
看板だけが新しくて空しい・・・
観光客は、標識を見に来るのではないw


次はサルボ展望台へ向かう階段です。
見るからに泥濘(ヌカルミ)・・・・
思うに、これで工事は終了じゃないよね。
HPを見ても終了とは書いていないしね(苦笑)
階段に辿り着くには通るしかありませんので、致し方ない。
検証しなければなりませんのでw
階段に辿り着く前の試練・・・

足元を確かめながら進みます。
言わずもがな泥だらけwww
階段の中ほどの土もグチャグチャなので、木の枠に足を乗せて上ります。
階段は立派ですw

上り終えて何故かホットしてしまいましたw
サルボ展望台まで行くと通行禁止と国道はこちらへの矛盾した標識看板が・・・
やる気あるのでしょうか?

もう、ため息しか出ません。。。
帰りは階段を通らずに草地を下りました。
滑ってコケたくありませんからwww

途中で小さなフクジュソウの写真を撮って帰宅。
小さなフクジュソウ
汚れついでに中望遠のレンズを家に取りに行き、もう一度サルボ展望台へ。
今度は階段上らずに草地を上りましたよ。
帰りも同じく草地を下る。
整備した道は滑るのでお気を付けください。
整備外の道を歩くことを強くお勧め致します(*´ω`*)

公共の工事ってこんなものなのだなと最後に思ったでござる。
お粗末すぎる。
でも、きっとまだ工事は終わってないのだと思うことにした(爆)
取り敢えず、振興会の会長さんにでもお話ししておこうかなw

ダイヤ改正につき【Part2】2021/03/12 18:11

珍しく山がクッキリでした(*^^*)
音別から釧路市内の環状線を走っていると雄阿寒岳と阿寒富士&雌阿寒岳がクッキリ見えているではありませんか・・・・
ただし、これから仕事ですよ(T_T)
大人なので、後ろ髪を引かれながら帰宅・・・
仕事をしていても外が気になってしょうがない(;^_^A
夕方に撮りに行っても良かったのだけれどラッピング車両のルパン号・・・(花咲線で撮るのはいいのだけれども)
そうなると、どうしても正午に撮りたいじゃないですか(爆

少し早めに仕事を切り上げさせてもらって、某地へ急ぐ・・・・
果たして間に合うのでしょうか。。。
車を停車し、山を華麗に駆け上る。
はずが、雪が緩んで足を取られます。。。(;´д`)トホホ
土の出ている所はぬかるんで緩んだ雪の上よりも滑って危険Death。
時間を確認する暇もなく、ヒーヒー言いながら休まずに上る。
気持ちは走っていますが全く進まねぇ(爆
ぜぇぜぇ言いながらやっとのことでポイントに到着。
汗だくですが、時間が迫っているので直ぐにカメラをセットしなければなりません。
咳き込みながら、ようやくセット+構図を決めて時間を確認すると最寄りの駅に到着する10分前でしたw
円錐形の阿寒富士の雪は滑り落ちていて、「春なんだなァ」と勝手に思う(苦笑)
良い風景が見られて幸せでした(*´ω`*)

そろそろ熊さんが動き出す気候なので熊さん撃退スプレーも持参。
ラジオも大音量で流しながらの待機でした。

帰りは、ラジオを聴きながらゆっくり下山。
途中で東日本大震災の起きた時間になり、足を止めて黙祷しましたよ。
時が経つのは本当に早いですね。
原発反対!
目を瞑っていたこの時が一番無防備だったろうなァ。
熊さんに遭遇しなくてよかったわ・・・w

春は殺風景でどこでどうやって撮るか悩むなぁ・・・ハハハ

西陽の当たる雌阿寒岳2021/02/12 20:48

流氷物語号の白いラッピング列車でした
今日は、気温が高い割に空が綺麗。
仕事をしていると外の様子が分からないので、気になり過ぎる(爆


仕事が終了次第、山を確認しつつ駅へゆる鉄な写真を撮りに。
ホームに入って来るSLは、煙を吐きませんので出発風景をと思ったけれど、撮り鉄のおじちゃんがウロチョロと。
まぁ、分かっていたのでどうでも良いのだけれど(笑)
雄阿寒岳も雌阿寒岳&阿寒富士も綺麗に出ているので、「某所へ写真でも撮りに行きませんか?」って友人に連絡したらSLに乗っていました(≧◇≦)
何故か塘路駅でご挨拶(笑)

SLを見送って家で昼ごはん。
ゆっくり出てSLの人達とスライドする予定です。
しかし、あまり遅くなるとまずいのでそこそこの時間に向かいます。
思った通り、SLを撮り終えた人達と入れ替わる感じになりました。
今日は、風が強くてSLは厳しかったのではなかろうか・・・
山は超絶綺麗なのですが。
ここは順光よりも斜光している方が綺麗に撮れると思って早朝はパスしていました。
西陽が当たる時季は恐らく今だけ。
一台(お1人)の車を残し、SL組はすべて撤収した模様です。
まぁ、狙うモノが全く違いますからね(;^_^A
今から向かう私が不思議だったようです。。。

暖かだったので雪も所々緩んでいて歩きにくいw
薄着で行ったにも関わらず汗が・・・
寒さに慣れると0℃でも暑く感じるから、脳がやられています。

沈む太陽が山陰に差し掛かってしまうとアウトなのですが、絶妙でした。
久し振りに雰囲気のいい写真が撮れましたよ(*´ω`*)

明日からまた仕事が頑張れる~♪

アルカスイス互換2021/02/10 16:58

ここ2,3日天気が良くてウズウズするものの、人に会うのが苦手で躊躇してしまいます...
因みに、対人恐怖症ではありません(爆

今朝は、林道をスノーシューで歩いて某展望地へ行く予定でしたが途中で断念。
脚立が余分でしたw
脚立を肩掛けにするようにDIYしているのですが、その重みが動脈部分を圧迫して心拍が異常に上がる現象になってしまいました(;^_^A
何だか運動のできない人の気持ちが充分過ぎるくらいに分かりましたよ。
こんな状態になるのだなと。。。ハハハ
恐らく三脚だけだったのならこんな事にならなかったでしょうが、危険を感じて戻って良かったです。
後で自己反省を兼ねて考察してみましたが、ワカサギ釣りの人達が使っているソリで三脚や脚立を運ぶスタイルが吉であったのではと思います。
が、子供たちが使っていたソリは、もう使わないと思って捨ててしまったんだよなぁ~(苦笑)
1月の初めまではぜんぜん雪が無かったくせに、今は普段の2倍強は雪がありますからね・・・w(普通は捨てる)

で、今更ながらアルカスイス互換を導入しました。
丁度カメラ本体の底の長さに合ったクランプとプレートのセットがお買い得だったのでポチっとしましたよ。
分かっていはいたけれど雲台からはみ出ます(爆
問題ないと言えばないのですが。
200-500の三脚座も欲しいのだけれど高いw
短いのは明日届くはずです。
一応、今必要な分だけで回す予定。
落下しなければ良いのでね。
あと数個必要なのだけれど、メーカーによって少し違うみたいですし信用ならんので手探り状態です。
シンプルな構造なので、良いも悪いも無さそうなのだけれど今の所ガタツキは無いです。

で、急遽場所を変えて来るはずのないここへ(;^_^A
−19℃でした。
なかなかパリっと撮れないんだよなぁ~(=_=)
いつかはパリっとしたのが撮れるはずw


山は見えているので、場所を変えてみるが長いレンズが無いって事で一旦家路へ。
急いでいたらレンズキャップが外れていることに気づかないし(防湿庫に転がっていましたw)、保護フィルターは外れないしで大変な一日でしたw(家で何とか外しました)

           運行していないはずの花咲線号がやって来た。
列車は豆粒

SLが来る数分前にはなんとか雲が切れたんですが、
良い時には列車は来ない!(あるある)
 (単なる撃沈写真が空しいwww)
      となりに居たオジサンが合成しろと(;^_^A
 
         やってくる頃にはこの通りw 
山はトホホ、煙を出さない区間に煙を出したけれど・・・風強すぎw
あるあるですが、SLを撮れる日はこの日が最後なのだよね~(=_=)      

昨日食べに来てくれた2人組のお兄ちゃんと達と毎年寄ってくれていると言う方に丘の上でお逢いしました。
イイ感じの鉄さんでした。
穏やかな人もおるんだよね~
こう言う人は気が合う(*´ω`*)

冷え込んだ朝2021/02/01 18:15

ムヒョーォな湿原!
前日から行くかどうか悩みましたが、SLが来ると混みあいそうですので取り敢えず行ってみる事に。
予報では天気は良さそうなのですが、ここのところの気温が不安定で温かくなって冷え込んでを繰り返しているのが渋る理由だったりします。
暖かいとは言っても、−13℃とかそこら辺なので充分寒いのですがw
雪が結構降ったので気温が落ちれば霧氷が付きそうな予測は立てられるのですが、問題は山。
何だかんだで行ってみない事には分からないのですけれど。。。
6時台の列車の方が良い感じだったのですが、山が薄くてイマヒトツ。
次男が通学で乗っている列車は、直前にモヤが掛かりましたが運よく風が吹いて視界は良好に。
山も見えるには見えましたが、少し薄かったです。
また天候を見計らって行こうかなと思います(*´ω`*)
設定を1つ元に戻し忘れていましたが、多分自分にしか分かりません(爆

撮り鉄道中膝栗毛2021/01/03 20:50

今日は、インスタフォロワーさんお二人と三人で撮り鉄紀行です。
まずは雄阿寒岳を撮りに出発!
9時台のキハ2本ですのでゆっくり起きて準備しました。
初めて会うフォロワーさんは女性!
しかも華奢な感じだったので「大丈夫ですか?」と失礼にも言葉を発しましたが、要らぬ心配でした(*´ω`*)
オオハクチョウにキツネにタンチョウやらオジロやら、色々現れる。
鹿は普通に居るけれど、今日は列車を止めていましたな(;^_^A
9時頃の気温は、マイナス12℃くらいだったかな。
まるまるオオハクチョウw
       天気が良くて清々しい朝でした
     って言うか駄弁りが面白過ぎて(笑)

        ↑の撮影後は、家で小休止して次の撮影地へ向かいます。
           林道をテクテク歩いて、目的地の夢ヶ丘展望地へ。
 釧路川も凍れて中々レアな風景です。(ここ近年こんな状態は無かったと思います)
   ここに立つと横構図で撮りたくなるのだけれど、今回は縦構図に挑戦(笑)
凍れる釧路川

歩いている時も列車を待っている時も、駄弁りながら楽しい時間を過ごす事が出来ました。
たまにはこう言うのも良いですな♪(*^_^*)
お疲れちゃんでした♪

マイナス25℃の朝2021/01/02 18:35

今朝は、もう一本早い列車に合わせて家を出ました。
撮影ポイントに着いたら摩周からの始発が通過。
車内灯が付いていて良い雰囲気でした♪
次回は、コイツ狙いで行ってみるかな(笑)

で、カメラをセット。
何だかいつもと違う感じがする風景と氷の鳴り響く音w

釧路からの始発を撮って、温度計を確認すると−23℃。
釧路からの始発列車
            
レンズヒーター
                   夜明けが近づくと−24℃。

モルゲンロートの頃になると−25℃にまで下がっていました(;^_^A
列車はもう少し後ですので風景だけの虚しい写真ですw
雄阿寒岳のモルゲンロート

マイナス25℃
              久し振りにまつ毛まで凍る寒さでしたね(爆

   川湯温泉駅からの始発は、花咲線号。
川湯温泉駅からの始発列車
赤は映えるのだけれど、釧路ゆきは線路が下り勾配なので白煙も噴かずに普通に通り過ぎてゆきました(*'ω'*)ハハハ

謹賀新年2021/01/01 14:50

雄阿寒岳とルパン三世のラッピングトレイン
コロナも収まらないまま新しい一年がスタートしました。
不安の多い年になるかと思いますが、皆で乗り越えるしかありません。
本年もよろしくお願い致します。

今年のスタートは、ここから。
自転車はちょっと置いておいて、ローカル線存続の為に少しでも力になれればと思いつつも鉄道風景写真を愉しんでしまっています。
運動にもなるので、少しの間通おうかと思います(*'ω'*)

ブログのタイトルを変えた2020/12/30 20:03

このブログも13年目となるらしい。
完全な日記状態です。
最近は、自転車に乗っていない(お休み中)のでタイトルを変えました。
と言っても自転車を省いただけですがw

昨日は、乗り鉄の前に4時半起きで俯瞰撮影へ。
イメージは色々と膨らんでいたので、それを試しに。
カメラの性能を引き上げるべく、思いつく機能を使って試し打ち。
バランスに気を付ければ結構いけそうである(^_^)
これが本命の写真ではなかったのですが、いい具合に霧氷が付き出していい雰囲気に。
これは、いつも通りに撮れと言う暗示なのでしょうか(;^_^A
厳冬期の北海道は、良い画が撮り易い。
いつもの構図w

     そんなに寒さは感じませんでしたが、−18℃~19℃あったそうです。
                摩周からの始発もイイ感じでした♪
           どちらかと言うと↓の写真の方が好きなのだが(笑)
きは54

明日撮影に行ったら今年も終わりですね。
連続した休みがない自営業なので、ギリギリまで撮りに行きたいと思います。

今朝も朝鉄2020/12/21 19:22

久し振りにに釧路町の某有名撮影地へ。
5時起き。
マイナス18℃だったらしいですw
どおりで寒いはずだ(;^_^A

現地に到着しても暗い。
あまりに久しぶり過ぎて、立ち位置が分かりません。
田舎は真っ暗なのです(笑)
適当な位置で明るくなるまで待ちます。
ここも枝が伸びてしまっているそうですので、脚立を持参。
ここでのジャストな時間帯が分かったので、時間調整してもう一度撮りに来ようかな。
しかし、山の雪も少ないですが積雪ゼロな釧路管内です。
殺風景すぎて面白みが全くありません。
次の便まで待てば霧氷が木々に付く感じでしたが、それもイマヒトツな感じがしたのでこの一本で撤収です。
雪を待っていたら機を逸してしまったw


仕事を終えてからまぁまぁな天気でしたのでサルボ展望台へ。
流氷物語号の白

来年の1月中旬から3月下旬まで遊歩道の整備で立ち入り禁止だそうで・・・
う~ん、撮影計画を練り直さなければならなくなりました...