冬の華2021/11/29 18:28

山の風景を撮ろうと思って早起きしたのだけれども、外は何となくガスっています。
迷った挙句、2度寝(笑)
気になるので何度も起きて外を見るもイマヒトツ。
なんだか段々と木々に霧氷が好きはじめました。
7時台はケツ打ちになっちゃうし、山は絶望的なので3度寝(爆)
こうなっちゃうと熟睡なんて出来ないから、朝食取って新聞読んで。
運が良ければ快速しれとこまで霧氷が残るかもしれないので歩いて行ってきました。
気分転換になるし木々がキラキラ光って綺麗です。

途中で川が攪拌されているような渦ができたのでなんだろうと辺りを見回したけれど何にもないね。
コツコツと音がするのでどこかにアカゲラでもいるのだろうと思って探したらコアカゲラが居ました。
で、右で何か動いたなと思ったらエゾリス。
一度湿原に降りて鉄橋を渡って駅の方に行ってしまった(笑)
ケツ打ちは、本来の構図なのかな。
かなり適当です(笑)
ケツ打ちゴーヨン

9時半頃ともなると霧氷も段々と怪しくなってきました。
ドキドキです。
水鏡は捨て去って(笑)、ギリギリまで画角を追い込んで霧氷を強調する事にしてみましたよ。
ちょっと枝が気になったけれど、まぁまぁ満足です(*'ω'*)
ラッピングトレインじゃなくてホッとした(笑)


帰りの途中、下水処理場に車が止まっていたので、もしかしたら機械の作動で川底が動いたのかなと勝手な推測。
どこでどう繋がっているのか気になるなぁ。
小中生たちは、見学に行っているらしいけれど。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
全角で「い」を入力下さい。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eastside-cyclist.asablo.jp/blog/2021/11/29/9444148/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。