一筋の雲2020/12/10 20:26

昨日は、朝から尺別の丘へ。
日の出が遅くなってきたので、釧路からの普通列車を狙いに行きます。
レッドベアは、暗闇の中を走り去って行きました。
近くで見ると迫力ありますね(^^♪

天気予報を信じて辺りが暗い内から丘に上っているのですが、太陽の位置が予想をはるかに上回って右側へ位置していました・・・w
          それでも綺麗なグラデーションですの縦構図で撮影です。
朝焼け

次は261系の特急おおぞら待ち。
特に何もない、いつもの風景の構図じゃ面白くないので、望遠レンズにテレコンを付けてファインダーを覗いてみました。
この日の釧路の最低気温は−11℃。
釧路にしては寒い方ですので、昇ってきた陽の温度差が発生したのでしょう。
ファインダーを覗くと陽炎がメラメラと上がっていて、大地の息吹に固唾を呑みました。
よく見ると毛嵐も立っています。
陽炎でメラメラです(爆
写真は大した事ありませんが、本当に凄かった!

次は、日高山脈を入れて撮りたいと思っていたので、撤収を急いで馬主来の丘へ。
肉眼では霞んでいますが、偏光フィルターを入れて調整すると何とか見える状態に。
山頂は地吹雪の状態なのでしょう。
自然の荒々しい感じが出て割と好きな風景。
ワイルドでした

この一本で撤収して、今日は花咲線へ向かう事にしました。
家の用事は前日に済ませているので、一日フリーなのです(^_^)
落石岬へ行く前に別寒辺牛湿原に寄って時間調整です。
時間が無いのでお手軽ポイントですが、湿原の結氷具合などを見ながら列車を待ちました。
お決まり構図ですが、久しぶりの青空撮影となりました。
時間調整中も心地良い風景


さてさて、今日のメイン?落石岬に到着です。
取り敢えず、斜里岳が見えるかチェック。
流石に今日は霞んでいてあまり見えません。
夕陽狙いですので、いつもの構図でセットです。
列車を待つ間にお湯を沸かして食事の準備。
列車が来る10分くらい前になって前方を見ると、なんと斜里岳が見えているではありませんか・・・・w
少しでも圧縮効果が効く方が良いので、慌てて200-500の望遠レズに交換です。
ここでもCPLの効果を効かせますが、一番効いている所から少し戻すように私は操作しています。
「自然な感じと不自然な感じの間」と言った感じでしょうかね。
うまく説明できないけれど(笑)
走る予定の無い花咲線号が来て腰を抜かしました(笑)

                 最後の大本命、夕陽とのコラボ。
         今日は行けると思ったその矢先、一筋の雲が現れる・・・・
一筋の雲に泣く・・・
                      ・・・・・・・・。
                     Ω\ζ°)チーン
                来週は行けるか分かりませんwww

日の出を狙っては見たものの...2020/12/04 21:20

ここ数日、日の出を狙ってサルルン展望台に通いました。
陽の上がる所に毎回厚い雲が・・・w
−13℃とか−10℃辺りをウロウロしている近頃です。
塘路湖に薄氷が張っています。

恐らく今日辺りが日の出とのコラボがピークなはずですですので3連チャンで挑みました。
(その後も撮れるとは思いますが、多分色が違うと思われます)
目覚ましを掛ける時間が少し遅かったみたいでスタートが遅れ気味でドタバタ(;^_^A
誰も居ないだろうと思ったら、車が一台。
まぁ、撮影ポイントはいくつかあるからどこでもいいのだけれど焦りますね(笑)
何だかんだで先行の方に追い付いてしまいました。(一昨日に居た人でしたw)
ご挨拶して先行させて頂きます。
こう言う時は体力がある方が有利ですね。
最近は、自転車に乗っていないけれど肺活量だけは衰えない様に鍛えとります。
ポジションについてセットはしたけれど、また雲が掛かってる・・・・w
こりゃダメだなと思いつつも取り敢えずシャッターを切りました。
日の出は残念でしたが良い色していました
来年の宿題として持ち越しですね。
ポジティブに楽しい課題と言った方が良いのかな(笑)

帰りにサルボ展望台で撮影して帰路へ。
沢山のオオワシが木に止まっているのがファインダー越しに見えますが、豆粒です。
あまり良い景色では無かったので割愛させて頂きます。

              仕事が終わってもう一度サルボ展望台へ。
           今日の雌阿寒岳&阿寒富士は少し霞んでいたかな。
3時前ですけれど、夕方みたいです...
     花咲線号の白い面はイマヒトツだけれど、赤い面は映えるんですよね。
                    山にだけ雪降って~(爆

落石岬から斜里岳2020/12/03 18:20

今の時季は、景色が殺風景ですが朝陽と夕陽を撮りに行っています。
近場の展望台へ先々週から通っていますが、雲が邪魔して中々うまく行きません。
昨日は、友人と共に落石岬のお立ち台へ。
先々週のこの写真を見せたら行こうって事になりました。(列車は居ません)
適当にトリミングしています
先に書いた通り、夕日はダメだったのですが・・・w
と言って山が見える確証はありませんけれどね(苦笑

準備して駄弁っているとあっという間に列車の来る時間に。
1人でいるよりも時間が早い(笑)
斜里岳も何とか見えて面目を保てましたw
何とか見えてる斜里岳

太陽の落ちる方を見ると雲が途切れ途切れになっていて微妙です(;^_^A
残ね~ん!Ω\ζ°)チーン
しかし、夕陽は綺麗でしたよ。
風景鉄は難しいのだ(笑)
また来週伺いたいと思います!(^_^)v

冠雪した雄阿寒岳2020/11/12 19:04

今朝も早起きをして雄阿寒岳を狙いに行ってきました。
気温は−7℃だったらしい。
ジムニーのフロントガラスも凍っていますw
オーバーパンツに厚手にダウンを着こんで行ったのでそんなに寒さは感じなかったかな。
あと白金カイロも持って行ったしソレルのロングブーツだからね(笑)
完全武装(爆
列車を待っている間、左右からタンチョウの鳴き声が響いて来ました。
まるでステレオサラウンド(笑)

今日の雄阿寒岳は霧や靄が掛かって危うい感じですw
釧路からの始発が来る前は一度姿が消えて見えなくなりました・・・www
あの絶望感と言ったら(;^_^A

釧路からの始発は花咲線号。
何とか見える状態になりました。
花咲号と雄阿寒岳
ま、これ位の景色の方が厳しい北の大地って感じがして好きだったりしますが。

               摩周発のキハは森の恵み号でした。
森の恵み号と雄阿寒岳

一瞬色が変だからタラコかと思って焦りましたよ(爆
列車が来るまでにめでたく山も現れてくれたので、2本で撤収。
山は気まぐれ。。。(*´Д`)
良い朝鉄でした。

高い所は、寒い・・・2020/11/11 20:48

今朝は、先週に行くはずだった根室本線、馬主来沼へ。
4時起きだからそんなに辛くは無かった(笑)
しかし、外は寒い。
ジムニーは完全に凍っています(;^_^A
星も綺麗だし、日高山脈も見えるんじゃないだろうかと期待を膨らませジムニーを走らせます。
エンジンオイルも交換したし、タイヤもスタッズにしたので快調です。
ロードノイズの減少で速くなったんじゃないかと錯覚しそうでした(笑)
大楽毛辺りの跨線橋でキハの回送列車とまさかのクロス。
暗くてよく見えなかったけれど、後ろがタラコ???

先週だと貨物列車が日の出と丁度良かったと思いますが、取り敢えず狙ってみました。
自動車が入って来ると、テールランプが妙に目立ちました。

厚内駅からの始発は、恐らくタラコ。
何だかドキドキしてしまいますね(^^♪
日も上がってきたのでPLフィルターを使って光を調整。
やり過ぎると不自然になるので、グッと色が変わる所から少しずらしています。
何となく匙加減が分かってきました(笑)
もう少し山に雪があったらなァとは思いますが、贅沢を言ってはいけません。
いい風景でした♪


後の列車を待つ間にカップ麺やコーヒーを作って時間潰し・・・
う~ん、何だか時間が勿体ない。
音別へ行って戻ってくるキハは、40でした。
尺別の丘へ移動して特急おおぞらを撮る事にしました。
急いで撤収です。
今の時季はシシャモ漁の船が沢山出ているのだそうです♪
キハ283系とシシャモ漁船

漁船に群がるカモメ

特急おおぞらを撮って、今日は撤収。
何となく厚内へ行ってみる事にしました。
目の前に広がる海は、山方面で暮らす私達には新鮮に見えます。
お約束の駅にも立ち寄りました(笑)
少し見学をして帰路へ。
釧路で用事を済ませ一旦帰宅。
直ぐにサルボ展望台へ。
運悪く陰ってしまいました~(苦笑
レンズを入れ替えたので試し打ちへ(特急も同じレンズ)

別寒辺牛湿原2020/11/04 21:09

今日は、根室本線へ行く計画だったのですが昨日厚内辺りで陥没があったそうでダイヤが乱れておりましたので、念の為に中止して急遽花咲線にシフト。
平常通りだったようですが、花咲線に来てよかったかな(笑)
朝の一本以外は、ほとんどロケハン感覚です。
紅葉時期ならもっと綺麗だったかもしれませんね。
久し振りにこちらの急斜面を登って厚岸市街と湿原をバックに。
厚岸大橋まで見えていました。
いい景色を堪能させて頂きました

この丘、ルートは2通りあるのですが近い方は結構な急坂で。
足が滑った時は冷や汗が出ましたw
滑落したら普通に骨折するだろうなと(;^_^A
次に上る時は面倒臭がらずにちゃんとした装備で挑みたいと思います。
冬の方が登りやすいのかもしれませんね。
本数が少ないので4本撮るのに相当な時間を要しまする。。。ハハハ
次の秋に戻ってきます

後追いです

自然が作り出す色2020/10/28 21:28

前にも書いたかもしれませんが、道東の秋は短い。
現地に着くと、線路に霧が掛かっていないしこりゃ行けるかなと言う淡い思いも葬り去られて6時台の汽車は何が通ったのかさえも分かりませんでした・・・w
              未だに100%の確率で早朝は霧です(爆
霧の中を行くキハ54
              幻想的と言えば幻想的ですかね?(笑)

一旦撤収して朝飯を食らいます。
ティンダーウッド
     ティンダーウッドを削ってプレヒートしました。
プレヒート中
松の香りが心地よい。
細長くカットして立て掛ける様にした方が効率が良かったかもしれませんね。
慣れればいい塩梅が分かって来るでしょう。
それも愉しみの一つですね。

9時台には霧も晴れて、日差しに期待したい所ですが雲が沢山浮かんでいて難しい感じ。
    薄っすらと陽が差してくれただけでも良しとしておかないとですね(*´ω`*)
自然界の色は美しい
        しかし、この自然が作り出すシックな色合いはたまらんですね♪
       だいぶ葉も落ちて来て、最後に黄色に染まったカラマツが残ります。

釧路で用事を済ました後に昼食をはさみ、最後に二本松展望地へ。
ここで朝に使ったヘッドランプがない事に気づきます・・・w
あ~、やってもうた。。。
これで2個目ですだ(;^_^A
無いと困るので一応1つ注文したけれど、また行かなきゃならないとか・・・ハハハ
藪が凄いので見つかる可能性は低いけれど、もう一回行くか。。。
正直言うと、もう行きたくないのだけれど(苦笑)

秋もラストスパート2020/10/27 20:22

秋も良い眺め
今日は仕事が何だか忙しかったけれど、急いでサルルン展望台へGOでした。
時計代わりのスマホを忘れて大失態(爆
まぁ、間に合うだろうと足早で急坂を上ります。
現地に着くと汗がダラダラ流れてくる・・・w
曇っていはいるけれど、時折り陽が差していました。
今回は、塘路湖の右奥に陽が差してくれて何とか画になったかな。
因みに、これはルパン三世号と地球探索鉄道の花咲線号です。
運用ですが、花咲線がメインの2両です(;^_^A

明日は曇りの予報でその後は雨予報。
雨が降ったら落葉松だけが残りそうな予感。
明日の休みは、外飯がメインなので、近場で撮影する事にしました(*´ω`*)

晩秋の感2020/10/26 21:31

明日から天気があまり良くないらしいので、始発狙いで頑張って起きました。
今朝は冷え込んで-2どちょっと下回ったくらいだったそうです。
車のフロントガラスが少し凍っていましたw
まだ夏のワイパーなんだよな(笑)

今日はサルルン展望台の後にサルボ展望台と言う計画ですので、いつもよりは長く寝られました。
と言っても5時15分に目覚ましを鳴らしています。
湖周辺から気嵐(蒸気霧)が立っています。
線路見えるかなと心配しながら丘を上ります。
先客が一名様。
暗い内から上ったのかしら。
おはようございますと一言ご挨拶しましたがそっけないね(;^_^A
写真を撮る事に夢中らしいです。

真逆光ですので露出オーバー気味にして撮影準備。
久し振りなので思い出しながらの操作ですが、もう少し抑えても良かったかも…
秋っぽい感じは出ていますが、紅葉感はない(笑)

始発が行った後は、直ぐに撤収してサルボ展望へ向かいます。
今度は思いっ切り順光です(笑)
空と山の下の紅葉の色を出したいのでハーフNDを使用しました。
順光ですのでCPLは、使用しません。
エサでも突いているのか、今日もタンチョウが線路の上に居るのがファインダー越しに見える。
案の定、警笛を鳴らされて列車の前の飛び去る姿が見えました。
晩秋(落葉松だけが黄色い)
           前回同様、豆粒なので拡大しないと分かりません(;^_^A

今度のお休みは、天気が悪そう。
どうしようかなぁ・・・w

雲海と呼べるのか否か・・・2020/10/23 20:18

湿原に掛かる地上霧を雲海と呼べるのであろうか?
ずっと気になって色々と検索しました。
雲海とは、標高の高い山の上、つまり雲の上から見下ろした情景。
なので麓から見上げたら雲と言う事になります。
確かに、なるほどなるほど、そうだよね。

さて、今回の撮影場所は、標高なんてさほどない丘の上から湿原を眺めた状態です。
奥には達古武沼があって、左側に釧路川と湿原が広がっています。
白い帯状の所が雲海霧の部分です
標高の低い丘の上に居るので、雲はもっと上方ですから雲海とは言い難い(;^_^A

2日間ほど悩みましたが、やはり「(地上)霧がまるで雲海の様だ」と言う表現が当てはまるのかなぁと。
雲海霧とはヘンテコな言葉ですが(笑)、勝手な造語もいいかも知れない(爆

ついでに、霧と靄(もや)の違いも。
見通しが悪いのが霧、ちょっと見通しが悪いのが靄。
簡単に言うと、1k先とか未満が目安になっているようですが、本当の所は知りません。
でも何となくスッキリしました~(#^^#)

足りない部分があったらどなたか教えて下さい!

        おまけの雄阿寒岳と紅葉
雄阿寒岳
     広角レンズを持ってくれば良かった・・・w