【ジムニー】コラムカバー&コラムブッシュ交換2018/09/07 15:33

道内の地震で丸一日停電状態でしたが、恐らく不眠不休で復旧作業をしてくれた方達がいたのでしょう意外に早く電気が点きました。
慣れていると言うと不謹慎ですが、2年前にも水害で被害を受けましたので、人間なんて無力だと言う事を嫌と言うほど体験しておりますのでなるようにしかなりませんw
じっとしているとアレコレと色々な事を考えるので、昨日はずっと車を弄っておりました。。。
パーツ類は随分前に届いていたのですが、やっと作業開始。
ブレーキパッドも注文していたのですが、ジムニーのパッドは全然減って無かったです(;^_^A
ステップワゴンの方は、ボルトが固着して外れそうにも無いのでラスペネを吹いて放置。
もう少し涼しくなってからと言うか仕事がひと段落したら作業しようかなと。

コラムカバーの交換のついでにコラムブッシュも一緒に交換しようと前々から計画。
カバーを外すのが面倒臭いので、一緒にやってしまった方が楽。
色あせたコラムカバー

下側は、ネジを6本ほど抜いたらすぐ外れます。
もちろんハンドルは外す

問題は、上部カバー。
御覧の様にハザードスイッチが引っ掛かるのです。
ハザードスイッチは、移設しているので折れても構わないんだけれども、無いと何だか変ですので残しています(爆
トルクスのボルトを外し、シャフトを下げつつウィンカーアッシを手前にずらしながらカバーを外します。
トルクス T40

結構大変だったわ(苦笑)
ウィンカーアッシをシャフトから外すと御覧の通りの状態。
カバーを外し、ウィンカーアッシも手前に

サークリップとワッシャ、その後にブッシュが入っています。
サークリップを外す

サークリッププライヤーがあると作業は楽々。
以前フロントアスクルのオーバーホールした時に使ったからね٩( ''ω'' )و
ブッシュは、マイナスドライバーでこじるよりも指で均等に少しづつ手前にずらす方が無難でした。
コラムブッシュ

見た目そんなに劣化はしていませんでしたが、交換したら滅茶苦茶ステアリングの反応が良くなるので効果は大ですのでおススメ。
ブッシュを抜きました

下方部にもあるのですが、アッシを全部取り替えるのは面倒なのでこれでOKです。
必要なら外すけれど、そんな感じでもない?w
コラムカバーの上部を入れ始めた所でワッシャとサークリップを取り付けるのを忘れていることに気づき、再度同じ作業(爆
今度はあっさり抜けましたよ。
コツがあるのじゃっw
でもって元に戻して配線直していたらイグニッション照明が断線しちゃったよ(;^ω^)
もう売って担い見たいだから、今度はJB23の純正品を買って付けてみますかね。
意外に高いので来年かなwww
新品!(≧▽≦)

で終了したんだけれど、まだ時間がある。
何故か倉庫に耐熱塗料が。
ついでにブレーキキャリパーを塗装。
塗装するのは良いんだけれど、やはり塗装は時間が掛かったどうでもいい作業(;^_^A
(適当ですw)
どうでもいい作業w
エアー抜きして本日作業完了。
因みに、物流が全て停止しているので本日も仕事は休みなのでした・・・

今日も雨なのです・・・2018/07/04 18:58

中々スッキリとしないひがし北海道です。
道東って書くと外人は分からんらしいので、最近は「ひがし北海道」と書くようです。。。
そんな事を朝刊に書いてありました。
どうでも良いんですけれど、道北も「きた北海道」となるのだよね。
漢字で書くと「北北海道」だから何だかおかしくない?と思うのは私だけか?

閑話休題。
何日連続で雨降っているのかもうわからないくらい晴れ間を見ていませんよ。
もう、カビが生えそう(苦笑)
来週は知床ファスト・ランの予定ですので、タイヤとチェーンとスプロケを新品に交換。
新品

330kmの長丁場ですので、11-23tから12-23tに交換しました。(アルテグラ)
12‐23tに交換

下りの最高速は落ちますが、下りなんて一瞬ですしね。
平坦路では、やはりクロスしている方が身体が疲れませんから。
天気も悪そうなのでコンデジは断念して携帯で写真を撮ろうかなと。
やはり荷物は極力減らしたいですし、証拠写真程度ですのでね。
晴れていれば別なのですが。
明日も雨の予報ですので、機材チェックは明後日に。
体重も62キロ台まで落としましたので、昨年よりも数段身体が軽いはずです(笑)
暑くないと水の補給が楽でいいのだけれど、色々と気を付ける事が多々出てくるので憂鬱な反面、気持ちは盛り上がっていると言う何とも複雑な気持ちです。
まぁ、なるようになるのだけれど、最終的には無事に帰ってくることが最低条件なので警報とか出そうになかったら走ります。
今からドキドキだよ!

振れ取り2018/06/19 21:15

最近、後ろブレーキを掛けるとグワン、グワンって感じで効きが変で「ホイール振れてるんだろうァ」と思ったらやっぱり振れてた(苦笑)
数日間、見ない振りしてたけれどやっぱり直すことに。
昨晩直しましたよ。
この手の奴は左右非対称なので、「締める、緩める」が微妙で難しいんだよねw
スポークを抑える工具があると作業は楽です。
作業はこんな感じでススム

横振れ取って縦振れ取って、横振れ取ってって感じで一応終了。
C-60
手組の32Hなんてあっという間に振れ取れるんだけれども、ちょっと苦戦しました。(;^_^A

今日テストしながら走ったけれど、やっぱり気持ちいいね。(笑)
明日は、ちょっと長いの走って来ます!(^_^)

【ジムニー】フロントマフラー交換2018/05/25 20:59

センターエキゾーストパイプ(フロントマフラー)とリアマフラーのつなぎ目から少し排気漏れがあったので思い切ってリビルト品に交換。
もしかしたらガスケットだけ交換すれば大丈夫だったかも知れませんが、この先もずっと乗りたいのでオクで良さそうな物が出ていたので(ほぼリビルト品)全交換をすることに。
ついでなので部品も全部新しく注文。

で、今朝の7時に起きて作業を開始。
塗装ブース(爆)
仕事があるので一旦作業を切り上げて午後からまた作業をする予定で工程を組んであります。
なんとしても今日中で終わらせる感じです。(笑)

諸事情でフロントマフラーを受け取りに行くまでに時間があったので、スプリングの嵌っているボルトに(上部から)ラスペネを吹いておいたのが良かったのか?固着して外れないかと思ったら結構簡単に取れましたので作業は早いかなと前々からの予想。
問題なく外れる


早速フロントマフラーの取り外しに掛かります。
サクサクっとマウントその他、ボルト類を外してサクサクっと交換です。
何だか、今回は順調に事が運んでいるので怖いwww
外しました(奥のがリビルト品)

球状のガスケットを外そうと思ったら雨が降って来たので一旦作業中止w
ここまでで30分くらいだったのだけれど・・・
ボンネットを開けてマイナスの貫通ドライバーで少し小突けば外れそうですが、下からでは無理だと判断しましてね。
小ぶりの雨なら作業してしまうのですが、結構降ってるんだよね~(;^_^A
(屋根付きのガレージが欲しい…w)

その間、マフラーはフロントもリアも外したのでリアマフラーのパイプ部分を塗装。
元々ステンレスなので錆びませんが見た目重視で3度塗り(爆)
因みに、アピオの静香御前です。
全然静かじゃないけれどw
塗装完了

でもって、昼休みに中断したガスケット取りから作業を開始。
午後からウソのように晴れましたので、ボンネットを開けて上から小突いたら速攻で外れました。
球状のガスケット
                          ↓ 
上から小突いて外した状態

ここまでくれば取り付けは簡単ですのでサクサク作業して終わりです。
マフラー同士のガスケットは、純正(銅色の奴です)じゃなくて持っていた社外のガスケットを利用しています。(ガサゴソ漁ってたら何故かあった・・・笑)
外した部品と取りつける部品

取り付け

増し締めして終了~♪

今回は、何事も起こらず恐ろしいくらい順調であった。
マジ怖い...(笑)

QUARKメンテナンス2018/04/26 20:50

今日は、雨が降ったり止んだりのヘンテコな天気。
仕事も沢山残っているのでやっつける事に。
その間にQUARKのメンテナンス。
仕事が忙しくなる前にアウターリングとプーリーを新品に交換しました。
今のデュラのプーリーは肉抜きされているんですね。
肉抜きプーリー
ちょっとビックリ。
プーリーも他社から色々出ているけれども、やはり特許を持っているシマノ製が一番性能が良いですね。
チェーンは、伸びていませんでしたので洗浄。
チェーンチェッカー

ずっと使っていなかった超音波洗浄機で洗浄してみました。
スプロケも入る奴はこれで洗浄しました。
超音波で洗浄中
洗浄中は、他の事ができるので時間短縮できます。
写真撮らなかったけれども、結構綺麗になりますなぁ~(笑)

              駆動部がピカピカになって気分良い♪(^_^)
終了
                     明日は、走れるかな。

春のメンテナンス2018/03/07 19:50

やっと春めいて参りましたので、QUARKのメンテを決行しました。
準備
まだ雪の予報ありますけれどね・・・w
やれる時にやりましょうって事で。
今回は、シフトのアウターとインナーとインナーのチェーンリング、バーテープも交換です。
チェーンとRDプーリーは、雪が融けてきたら交換しようかなと思っています。
例年通りだと路面は雪解けで水でドロドロになりますからね。

スクエアテーパードBBには、やはりコッタレス抜き。(笑)
コッタレスでクランク抜きます
下が古いチェーンリング。
裏返すと表面ボロボロだし、やはり歯の山がかなり削れていますので要交換。
新旧の山比べ
ブレーキは、全然何ともないので今回も据え置きで交換しません。
駆動する部分だけ外してグリス塗って清掃するくらいです。
取り外しました

バーテープは、ピンクにしたけれどこの色はビビットカラーでどぎついな(爆)
まぁ、目立っていいか(笑)
ビビットカラーなピンクのバーテープ
ついでにほぼローラー台専用になっている手組ホイールですが、少しだけ振れているので振れ取りも。
ほぼローラー台専用のホイールの振れ取り

デュラのC24を売ってしまったので、マビックのホイールを春先の練習用につかいます。
こちらも少し振れが出ているので振れ取り。
マビックのホイール振れ取り
こやつの幅広のスポークが曲者でして、スポークの捻じれを修正する工具が必要なのです。(ペンチでは無理でしたw)
随分前に買っておいたのですが、やっと使用しました。(笑)
スポークレンチもマビックの専用品が必要で、付属していたものはプラスチックでできていた為に直ぐにダメに。
結局、金属製のレンチを買う羽目に。
やはり普通のホイールが良いですね(;^_^A
ま、これで復活しましたので気持ち良く走れます(笑)

次は、NINERのメンテナンスが待っている・・・

【ステップワゴンRF4】プラグ交換2018/01/29 17:25

本日は、と言うか昨日にプラグ交換しようと思ってカバーを開けてコイルを外したまでは良かったのですが、プラグレンチが入らず断念して一旦元に戻して一応動作確認をしたら、なんとチェックランプが点いているではありませんか・・・(;^_^A
黄色いランプ
急いでディーラーさんに連絡してディーラーさんへ直行w
まだ本職の方の仕事が残っていたのだけれど、しょうがないwww
直ぐに診断してもらったら水温センサーの故障でしたわ(T_T)
自分のせいかと思ってスーパー焦ったよ(爆)
優しい友達がプラグレンチを貸してくれました。
ありがとう!(≧▽≦)

ほんで、本日交換作業。
まずは、面倒でもお約束のバッテリーの-端子外します。
一度観察しているので作業はスーパースムーズだ!
カバーを外して、コイルに付いているカプラーを外してコイルを抜いてプラグを引き抜くだけの作業を一本づつ行えば無問題です。
黒いカバーを外します

10mm袋ナット4個

カバーを開けるとこんな感じ

この中にプラグがあります
強いて気を付ける事は、ネジを落とさないように慎重に除去しましょう。(笑)
一応トルクレンチを持っているのでトルク管理。
トルクレンチで締める
           手締めで3/1回した所で止めてもOKなんだよね。
新(イリジウム)旧のプラグ
   あと10mmスタッドボルトがあるので、ディープソケットがあれば作業早いです。
                (メガネレンチでも大丈夫です)
右がスタッドボルト

スタッドボルトは10㎜ディープソケットで(なければメガネレンチ)

交換終了

最後にバッテリー繋いで動作確認したらOK。
なんて事の無い作業でした。(^_^)

【ステップワゴンRF4】ファンベルト&エアーフィルター交換2018/01/27 21:25

自分でユーザー車検を出しに行ってもいいのだけれど、面倒なので民間のユーザー車検にだしたらここもあそこも変えた方がって言うんだけれど信用ならんので自分で交換です(笑)
ファンベルトは、ホンダディーラーさんで購入して少しやり方を教わりました。
新しいファンベルト

出来んかったら持ってくるのでと(笑)
今のと言うか、この車ももう古いんだけれどもベルト一本で全部回しちゃうんだよね。
14㎜の長いメガネレンチでテンショナーを手前に引いて緩めてベルトを外します。
手前にある邪魔なやつは外せるので外しちゃいましょう!
邪魔なものは外してどけます

ベルトを外すのは簡単だったけれど、嵌められねえぇじゃんか~
特に下側が(笑)
こうなる前に交換しましょう!(笑)

色々と考えた挙句、下部のカバーを外して手を突っ込んで引っ掛けました。
最後にテンションを緩めながら上部に引っ掛けて終了。
動作確認して終了

コツは完全に分かったが、また交換する事あるのかいなと。(爆)
当たり前ですが、バッテリーの端子外して作業しています。

ついでにエアーフィルターも交換。
8㎜のボルトを5か所緩めてホースバンドを外し、カバーをパカッと開けるとフィルターが出現します。
エアーフィルター交換

ボルトは、落ちないようになっていますので作業は早い。(笑)
カバーをウェスで吹いて元に戻して終了です。
元通り

 ファンベルトは、こんな具合でベルトが掛かっています。
           ご参考までに~(笑)
ファンベルトはこんな掛け方になっています

今度は、プラグとブレーキフルードの交換をやります。
いつやろうかな・・・w

3本ローラー台【修理】2017/11/18 21:16

今日は、朝から雷が鳴るやら暴風雨から雹が降ったりでいつ停電するか冷や冷やしましたが、意外に大丈夫でした・・・(;^_^A
何だか明日も天気悪いみたいですが、一体どうなってしまうのでしょうw

天気も悪いし、そろそろローラー台の季節です。
その前に、ローラー台のメンテナンス。
異音が凄いので、取り敢えずローラー部分を外して見る。
ローラー外す

あれ?
樹脂のカバーの部分がスルスル回転するではありませんか・・・(よくある事象なのでしょうか?)
パカパカのバカに・・・(笑)
他のモノは動きませんねぇw
すんなり原因を特定!(笑)
開けて見たら樹脂が削れて粉末状になっていましたwww
                  中はこんな風になっている( ̄ー ̄)
中には発泡スチロールw
さて、どうやって止めましょう。
早く練習したいので、アロンアルファーでイイやって事になって塗って付けてみた。
で、回転部分にはベルハンマーって言う巷で噂のケミカルを塗布してみました。
ベルハンマー
タイヤに空気入れたり、久しぶり過ぎて要領が悪い。
ま、こんなもんだよね(笑)

やっと練習開始。
今日は、軽めに脚を回す予定。
やっぱり最初から回らないや。
若い頃は、そんなの関係なかったけれどね(;^_^A
「お~、静かだぁ~」と思ったの束の間、7分頃からゴォォォーッっという聞きなれた異音が発生だよ。
速攻で原因分かったけれど、回し出したら止まれません。
残りの23分+10分は騒音の中を練習ですw
練習が終わって見るとやっぱりな状態。
足を回しながら何か挟めばと思って最初に滑り止めのゴムをあてがったけれど、厚みがあり過ぎてダメでした。
で、考えた。(毎回こんな事しているような気がするのですが・・・)
「自己融着テープなら行けるかなぁ」と
一度目は普通に巻いて無理だったので、次は引っ張りながら厚み調整。
入り口はバーテープの先みたいに少しはみ出して巻きつけます。
何とか入りました。
ゴムハンマーで軽くコツコツと叩いて終了。
樹脂がちょっと波打っている感じがするけれど、回転自体には問題ありません。
最後に自転車を乗せて試走。
スーパー快適になりましたYO!!!(後は様子を見るのみ)
ハイ、元通り
              本日の平均回転数は、133rpm/min

【ジムニー】防錆処理2017/09/22 20:43

毎年、この時季になると下部の防錆処理を行います。
天気が最高に良かったけれど、今日は自転車お預け。
今回は、ちょっと気合いを入れて施工しましたよ。
タイヤハウス内も防錆処理を施します。
いつも使うのは信頼のノックスドール。
300とオートプラストーンは、ネットで注文。
900は釧路のアスト〇プロダクツで購入しました。
ノックスドール
300と900は、同じアンダーコートでもちょっと成分が違います。
ジムニーでも本気で施工すると1本ではちょっと足りないので2本必要です。
300の方は、錆が出ている箇所に使用します。
まぁ、その前に錆転換剤を塗っておいたのですが、その上からもう一度塗布。
目印になって分かり易い。(^.^)
(施工する前には、当然ながら下部を高圧ワックス洗浄しています)
ショックやゴムの部分には、予め新聞紙で養生してからスプレー塗布。
スプレーを噴射すると飛散するので、メガネとマスクと頭部を覆えるものを着て完全武装。
暑苦しいけれど、これらを着用しないと後々大変なのであるw
アンダーコートの施工は、かなり大変な作業なのです(;^_^A

下部の施工が大方終わったら、次はタイヤハウス内の施工へ取り掛かる。
面倒臭いので今日中に終わらせる意気込みです。
しかし、このペーストを塗るのが結構な労力であった(笑)
AUTO-PLASTONE
最初は、普通に刷毛で塗っておったのだが、いかんせん伸びない・・・(爆)
途中からコーキングする時に使うヘラを併用し、刷毛とヘラの二刀流です。
一缶(1000ml)では足りないかと思ったけれど、少し余りました。
伸ばし過ぎなのでしょうか?(笑)
試しで少しだけフレームに塗ってみたけれど、こりゃダメだと思って即中止。
最初にやった箇所
何だかんだで3時間くらい掛かっちゃったかなw
終了したらグッタリでしたわ。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

次は、デフのオイル交換だなぁ~