ラゲッジルームランプその後2017/01/07 18:30

天井は見ないように!(爆)
バックドアを開ける度に、「中途半端な所に付けちゃったなぁ~」と思っていたので、配線を継ぎ足して上部に移しました。
あの時は寒かったので、「もうここでイイや」的に終わってたんだけれどやっぱりこうなった。(笑)
やはりここがベストポジションだね~♪
天井がボロボロだけれど、これを剥がすと後に残った糊とかスポンジカス等の処理が大変なので放置。
プラダン入れている人とかいますが、処理が嫌でやってませんw
糊が剥がれてベロンと垂れ下がってくるので、強力な磁石で止めている状態です。(笑)

んで、今日はローラー台。
今はMTBで外を走るよりも体重が増えているので基礎練習に力を入れた方が良い感じ。
今日は134rpm/minでした。
咳止めの薬を服用しながらのローラー台でした。(^_^)

【ジムニー】ラゲッジルームランプ増設2017/01/01 15:32

新年あけましておめでとうございます!
新年早々、ジムニーを弄っています。
こんなに長い休み、お正月しかないですからね。(笑)
面倒臭くってずっと磁石付きライトとかでごまかしていましたが、とうとう着手しました。
そう、ジムニーはラゲッジルームにランプが無いので夜は真っ暗で何も見えないのです・・・
磁石のランプは、荒れた道を走るとどこかへすっ飛んで行っちゃうし結局真っ暗闇の中を手探りする羽目にw
使用するのは、エーモンのお手軽DIYキット。
今回の材料
コネクターは、手持ちのギボシ端子を使いました。
カニ目も一応購入したけれど、要らなかったな(;^_^A
ラゲッジルームランプ(LED)が、見た目の割に高くてちょっと躊躇しましたよ。

昨日作ったマッドフラップを装着し、休憩を入れてからの作業。
新しいマッドフラップ

当初、ルームランプから配線を取ろうかと思っていたら、長さがギリギリらしく引っ張りだせなかった。
ルームランプ
しょうがないから、ハンドル下の配線から引きました。
久しぶりにテスターを出しましたよ。
常時電源の配線やアース線は何となく分かるのだけれど、用心に越した事はない。
作業前は、必ずバッテリーを外すのはお約束。
ギボシのオス・メスのもやり方あるから気を付けてね~
手持ちの有り合わせ配線で延長したので、途中で長さが足りなくなって色や太さが変わっています。(笑)
取り付け
ま、自分の車なので無問題。
ボタンを押したらピカッと光って眩しいぜっ!(^^)v
ピカッ!(^^♪

安っぽいランプだけれど、明るければそれでよし。(*^_^*)

ゆく年くる年2016/12/31 19:08

              年の瀬なのに、なぜかジムニーを弄っている。
        マッドフラップが経年劣化で割れているのでみすぼらしい状態に・・・
                 9年物のマッドフラップ。(爆)
ボロボロの泥除け
     モノタロウで3mm厚のライトエヴァシート(600x900)と言うのを一枚購入。
               車関係の所で買うより安かったです。
             後輪4枚、前輪3枚(中途半端w)取れました。
             ま、前輪用は無くても良いのだけれどね(;^_^A

      古い泥除けを外してたら、運転席の後輪側のボルトが2本折れた。。。
                  やはりすんなり終わらない(;^_^A
ドリルで揉んで一本外したけれど、もう一本は燃料ポンプが邪魔して届かないので裏側              から台座ごとベビーサンダーで削り取りました。

           型紙は以前とってあるので、後は室内でカット作業。
                  3㎜厚は、しぶといぞ(苦笑)
カットして補強材入れて完成
                 明日、取り付けて完了っすね~
             皆さん、良いお年をお迎えください!ヾ(≧▽≦)ノ

サドルバック2016/09/10 21:37

やっと晴れました。
昨日の雨でまた少し水位が上がってましたが、大して上がってなくて良かった。。。
昨晩は、夜なべしてサドルバックの脱落防止案を形にしましたよ。(笑)
100均で適当なポーチを買ってきて、元々あるサドルバックをポーチの中に入れてストラップを通す穴を開けるだけ。
落ちなければ無問題
元々あるサドルバックの大きさに合うようにポーチの大きさをつめて縫い合わせてあります。
これで脱落する事も無くなると思いますが、絶対ではないので落ちた時に見つけ易いように赤色。(笑)
久しぶりのDIY(笑)
○ピークとか格好悪いし、どうも市販のモノに好みのモノがないんですよね・・・
そういう時は作っちゃおう!
ま趣味なので、こんな拘りも必要かなと思います。(^_^)
もう一つ作ればもっと上手に作れそうだけれど、取り敢えずはこれでイイや。(笑)

今日は、ルーティーンなコースを走ったけれど、ふくらはぎが攣りそうになりましたよ。
久しぶりってのは、ダメージが大きいw
携帯カメラは起動が遅い・・・
道すがらに売地って看板があるけれど、「誰が買うんだよ!」とか思いながらいつも横目に通り過ぎます。
帰路は、向かい風の北風が吹いていて肌寒かったな。
17度でした。
雨ばかりの夏でしたが、もう夏もオワタ。
そろそろMTBでトレイルへ行きたいけれど、最低でもあと一週間は無理だろうなぁ・・・

キーレスエントリー2016/08/19 21:20

13日の土曜日からずっと雨が降っていて、中々自転車に乗れていません。
いや、乗ろうと思えば乗れまずが・・・w
その間、9年振りに台風が直撃したりして。(;^_^A
今日の昼間は、久しぶりに日が差して目がクラクラしましたが、今日は草刈り。( ノД`)シクシク…
ま、来週の水曜日には晴れるらしいので。(笑)

話しは変わりますが、ずいぶん前からステップワゴンのキーレスエントリーのホルダー部分が破損していて、番線を入れたりして補強していたのですが、この部分は非常に力が加わる部分で直ぐに折れて(外れて)しまいます。
なんで、ディーラーさんに相談に行ったのですが、外装部分だけって無いそうでwww
そんなわけで、ヤフオクさんで検索。
世の中、なんでもあるんですね~(笑)
ブランクキー一式
送料込みでも500円ちょっとですので、即落札。
本日届きまして、基盤等を移植しました。
基盤を移すのは簡単です

ちょっと外しにくい。部品が飛散しないように注意!
流石の純正、すんなり外れませんでしたが無事に取り付け完了!(爆)
出来上がり!

動作確認して出来上がり!

後は、ブランケットの部分を鍵屋さん?で作ってもらえば終了となるのですが、作ってもらえるのかが疑問です。(笑)
ま、出来なかったら純正の部分を外して移植してみましょう。
問題は、「キーの部分をどうやってかしめてあるのか?」だけなのですが。( ̄∇ ̄;)

ケイデンスセンサー(クランク側の磁石)をどうするか2016/06/11 21:04

今日もケイデンスセンサーの磁石がフレームにくっついて(脱落してw)ケイデンスが計れませんでした。
まぁ、見なくても長年の経験で分からなくもないのだけれど、私が数値で一番見るのはケイデンス、次に速度、最後に心拍数。
もう少し回して頑張るって表示なので、自分の場合必要不可欠。
クランクにテーパー(の部分にスリット)が入っているものだから、いくら強粘着のテープといえども接着面が小さいので剥がれてしまいます。
磁石も面が小さいのでこれ然りです。
そうです、接着面を広げれば良いのであった。(笑)
因みに、ガーミンにはタイラップで取り付けられる磁石が同梱してありますが、私は格好悪いので付けません。(爆)
細かい拘りですが、そこら辺は趣味なので妥協しませんよ。(笑)
Webで検索すると、の箇所に取り付ける人が多いみたいだけれどペダルが外せなくなっちゃうのと、今以上にセンサーが飛び出すのが嫌なんだよね。
結局、プラ版をクランク幅と磁石の幅に合わせてカット。
強粘着の両面テープで取り付けて終了です。
多分、これで脱落しないでしょう。(^^)v
Lクランク

本当は、もっとBB側に付けたいのだが、構造的に無理

本日もルーティーンなコース。
昨日よりも風が強い・・・w
それでも確実に速くなっています。
昨日よりも今日、今日よりも明日!
明日は、流しかなぁ~(^_^)

ロードシューズ&カスタムフィットDIY2016/02/19 20:08

約4年振りにシューズを新調しました。
SIDIのシューズは、200キロ位までなら調子良いのですがそれ以降になると爪先が圧迫されて内出血する問題がありました。
だましだまし使っていたけれど、もう限界。
どこのシューズにするか迷ったけれど、原点回帰してシマノのシューズにしてみようかと。
ただ、カスタムフィットをやってくれるショップが近くにない・・・w
電子レンジに入れるのは流石に怖いので、色々と考えました。(笑)
インソールのカスタムDIYはやっている人が居るけれど、シューズまでは発見できなかった。
私は、ネットサーフィンい向いていない根っからのアナログ人間です。(爆)

何となくDIY構想が出来上がったので、SH-R321Bと言うのをネットで注文。
SPD誕生25周年記念限定カラーですって。
SH-R321B 限定カラー
しかし、どこかで見たカラー配色なのだ。
ま、それも決めて?(笑)
奥は、SPD-Rのシューズです。
配色が同じなので、迷わず注文(笑)

カスタムフィットに使う材料は、ホームセンターで揃います。
チューブは、観賞魚用のコーナーに。
縦長ジプロックと0.05mm厚の少し大きめのビニールを購入。
これだけ買っても6~700円くらいだったかな。
あと用意する物は、吸引する為の掃除機と広めの鍋と250℃~400℃のホットエアーガン。
チューブを取り付けるテープも必要。

早速、作業に取り掛かる。
その前にサイクルソックスを履きましょう。(笑)
まずは、カスタムインソールから。
アーチパッドが付属していますが、お好みを取り付けるか交換した後に、ジプロックに入れて100度のお湯に1分間浸します。
アーチパッドで調整

アーチパッドを付けたままジプロックで湯煎

鍋の淵に付くと溶けちゃうので注意しながら行います。
私の家には、ドデかい平鍋があるので全然大丈夫でしたけれど。(笑)
意外にも熱いので気を付けながら手早くシューズの中へ。
爪先立ちで3~5分我慢。(笑)
ローラー台の後だったのでプルプルしてましたよ。(爆)
指の跡が付きました
ある程度冷えてきたら次の工程へ。

ホットエアーガンでシューズ内を温めます。
ホットエアーガン

これは、ほとんど感ですね~
自分だけが頼り。(爆)
様子を見ながら温度と送風を切り替えて行いました。
頃合いを計って、火傷に注意しながら脚を突っ込みます。(笑)
チューブは、真ん中のベルクロに挟めば良い見たい。
こんな感じでチューブを通す

すかさずビニール袋を履いて、足首に巻きつけます。
掃除機で吸引(笑)
最初は、テープで止めようと思ったていたけれど、きつめに巻いて手で保持すればテープは要りません。
で、掃除機の強ボタンをオン!
結構な威力で吸引出来るのだ。(笑)
このまま4~5分放置して出来上がり。

インソールの熱成型もホットエアーガンで炙れば出来ますな。(一応試しました!(^。^)v)


最後にクリートの位置調整をして終了ですね。
ローラー台で合わせましたが、実走しないと本当のポジション出ませんけれどね。
ローラー台なので、爪先に寄った感じになってます
                                取り合えずは、これで終了♪(^ー^)ノ

関係ありませんが、今朝は霧氷が綺麗だった。(^ー^)
霧氷
写真じゃ伝わらない・・・w

本日のローラー台は、134rpm/minでした。

激烈筋肉痛!!2015/12/09 19:32

餌台
昨日は、K山選手とジムでトレーニングをしてきました。
あくまでも軽く・・・
最初にバーベルスクワットで身体を起こすはずが、結構足に来ています・・・・
その後にパワーマックスで無酸素テストおば。
1000wにも届かない体たらく振りに意気消沈。"(>_<")"
休憩を入れた後にローパワーを。
2.0kpから始めたので特に何とも無かったと言うか、力が余っておりました。
最後に0.1kpの高回転へ。
こちらはいつもと変わらんかった。
落ちているとは思っていたけれど、ココまで落ちているとは・・・( ̄∇ ̄;)
週一くらいのペースで行った方が良いのか・・・、迷うなぁ。(笑)

で、今日は全身が筋肉痛です。。。
動きがC3PO並みにカチンコチンで不自然です。
階段の上り下りが辛いのなんのって。(笑)
子供の授業参観で2Fに行く時に先生に笑われましたわ。(爆)

その後に、白樺の木に餌台を取り付けてひまわりの種を入れておきました。
餌台は、作るのが面倒でホームセンターで買ってきちゃったよ。(笑)
半分DIY。
エゾリスも来るかな?
楽しみ。(^ー^)

【ジムニー】ミッションを下ろす手順2015/10/29 20:43

これは、備忘録として取り合えず記して置くことにします。
読み返せば直ぐに記憶が蘇ることを信じて。(笑)

まずは、バッテリーの-端子を外します。これは常識ですね。
ミッションとトランスファをニューラルに入れておく。
ミッションのドレンボルトからオイルを抜きます。ソケットレンチのコマ無しで回せます。
車内からギアシフトカバーとシフトレバーを外します。
ギヤシフトコントロールレバー
「ヌポッ」っと一式抜けます。(古いグリスを拭いて、新しいグリスを塗布)
ついでだから横に刺さっているボルトも確認。
プロペラシャフトを外して、
プロペラシャフト
トランスファを固定している3つのナットを外し、トランスファマウントを左後方へずらしてぺラシャフトを抜く。
サービスマニュアルだと「クラッチケーブルを抜く」って書いてあるけれど、レリーズを抜いた方が簡単です。
クラッチワイヤー&レリーズ
(↑ボルトが逆についていますが、後に修正していますw)
但し、相マークがあるのでマーキングしておいた方が良いです。
クラッチレリーズ
次にバックランプのコネクタを抜きます。
バックランプスイッチ、リード線
そしたら、スターティングモーターの12mmボルトx2本とミッションの14mmボルトx4本を外します。
スターティングモーターのボルトは、赤い○の辺りに一1本と下部にもう1本。
エンジン上から
デスビのキャップを外して、緑色の○の部分からアクセスできます。
スターターモーター下部のボルト
最後に薄い金属板を外します。
ミッションケースのカバー
んで、ミッションリアマウンチングを取り外した後に、ミッションを揺すりエンジンと切り離す。
最後にメンバーを外すとミッションが落ちてくるすんぽうです。
重いので気を付けましょう!

これが概ねの手順だね。
今回は、下ろさなかったんだけれど。
クラッチ交換くらいは、自分でやりたいね。(笑)

【ジムニー】ジャッキを移設2015/10/28 17:51

今日は、風が強いものの気温が暖かいので整備日和。(^。^)v

中々ジムニーの部品がやってこないので、暇つぶし的にジャッキの移設を思い立つ。(笑)
エンジンルーム内にホルダーがあるのですが、ジャッキが意外に邪魔なのです。
ジャッキホルダーとジャッキ
ポイント溶接部分をドリルでもむが中々上手くいかない。
ドリルの歯が短過ぎて狭い部分に届かない・・・w
ま、適当にタガネや貫通ドライバーを駆使して剥がしたけれど、タイヤハウスに小さな穴が。。。
面倒臭いからガンガンやっちゃいました。(爆)
最終的にタイヤハウス側からコーキングして、ボンネット内からの穴はアルミテープで養生してサビ止め剤を塗布。
めちゃくちゃ鉄板が薄い。(;^_^A

ジャッキホルダーが取れたので、板金ハンマーで後輪のタイヤハウスに合うように形を整えて、
板金ハンマーで角度を合わせ
穴を開けて
印をつけて穴あけ
ステンのボルトをオンで出来上がり!
ボルトで取り付けて終了
簡単なDIYでした。(^ー^)