まるで雲海2020/10/19 20:24

サイコーの風景でした♪
今日は、始発撮り。
4時半に起きるも、昨日よりもマシですが少し霧がかかっています。
この時季は、気温差が生じる為致し方ありませんw
迷っていても行ってみるまでは分かりませんので、取り敢えず行く事にしました。
現地に着くと、案の定です。
線路は見えませんが、上まで霧が上がっている様子でもないので微風でも風が吹けばチャンスがあるかもと言うポジティブ思考で待つことにしましたw
霧が無くなったと思えば、霧に包まれたり・・・
気が気じゃありません。
しかし、自然はダイナミックだなぁといつも思います。
静けさを割くように鹿が雄叫びを上げ、丹頂鶴が優美な声を響かせます。
凄い所に立っているが、ガサゴソと言う音を近くで聞くとビビる(;^_^A
ま、鹿です。

まだかまだかと待っていた列車がやって来ました。
流氷物語の青い方でした。
丁度レールの上だけ霧が晴れて、撮影完了!(*´ω`*)

で、とんでもない事件が~
この流氷物語が斜里から戻って来る途中(札弦駅‐緑駅)でローリーと遮断機の無い踏切りで接触事故・・・・(T_T)
おいおい、2月の流氷イベントどうなっちゃうのでしょうか???

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
全角で「い」を入力下さい。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eastside-cyclist.asablo.jp/blog/2020/10/19/9307526/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。